むし歯・歯周病になりたくない
予防歯科

むし歯・歯周病になりたくない(予防歯科)

むし歯・歯周病にならないためには?

むし歯歯周病になったら、できるだけ早く治療を受け、進行を食い止めることが大切です。しかし、そうなる前になによりも優先したいことがあります。それが、「予防」です。

たとえば、むし歯になったら歯は削らなくてはなりません。治療のために一度削った歯は元に戻すことができないだけでなく、再発のリスクを背負ってしまいます。そして再治療をくり返せば、いずれ歯は失ってしまうことになるでしょう

そういったことを防ぎ、歯を根本から守ることが「予防」の目的です。予防については、大阪市城東区、緑橋駅すぐの歯医者「なかがわ歯科医院」に、お気軽にご相談ください。

早めのメインテナンスを

日本では、歯科医院が「むし歯や歯周病になってから行く場所」というイメージが根強いのに対し、歯科先進国であるスウェーデンでは、「むし歯や歯周病にならないように行く場所」というイメージが一般的。これは「なってから」ではなく「なる前」の、早めのメインテナンスの重要性が理解されているからです。

むし歯や歯周病は原因が明らかになっているため、早めに適切なメインテナンスを受けていれば、予防することができます。予防によってお口を健康な状態にキープできていれば、年齢を重ねてからも入れ歯などのお世話になることもなく、自分の歯で快適に過ごすことができるのです。あなたも「今」から、自分のためのメインテナンスをはじめませんか?

予防歯科のメリット

メリット 01
病気を未然に
防げる

定期的なクリーニングなどのメインテナンスで、お口の健康が維持できます。

メリット 02
治療を簡単に
終えられる

もしむし歯や歯周病になっても、定期検診に通っていれば早期発見・早期治療が可能になります。

メリット 03
治療の負担を
軽減できる

治療が不要になったり、簡単に終えられたりできれば、治療時間や費用の負担も軽減されます。

予防歯科メニュー

ブラッシング指導

予防の基本となるのが、毎日のブラッシングです。一人ひとりのお口の状態に合ったブラッシング方法を指導します。しっかり身につけ、毎日のケアに活かしましょう。

PMTC

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略。歯科の専門家が、専用の器具とペーストを使って、ブラッシングでは落とし切れないプラーク(歯垢)や歯石を、徹底的に取り除く処置です。

むし歯や歯周病の原因がなくなることで、予防につながるのはもちろん、タバコのヤニやコーヒー、ワインなどによる着色も除去され、自然な白い歯になります。また知覚過敏の改善や、口臭予防にも効果的。人とよく会うお仕事をされている方にもおすすめです。

フッ素塗布

歯質を強くする効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布して、むし歯に強い歯にする処置です。定期的に行うことで、予防効果が高まります。

シーラント

お子さんに行う予防処置。奥歯にある複雑で深い溝を、あらかじめ歯科用プラスチックで溝を埋めてしまい、むし歯を予防します。

失ってしまった歯の感覚を取り戻したいインプラントについてはこちら

手術せずに失った歯の機能を回復させるなら入れ歯についてはこちら

このページの先頭へ

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作