歯がグラグラする
歯周病

歯がグラグラする(歯周病)

歯周病は歯が抜ける可能性がある病気です

「歯ぐきが赤く腫れている」「ブラッシングすると血が出る」「歯がグラグラする」といった症状に、覚えはありませんか? これらは、歯周病の代表的な症状です。放っておくと症状はどんどん進行し、歯を支える顎の骨や歯ぐきが溶かされて、最終的には歯が抜け落ちてしまうことも……。

実は、日本人の成人の約8割が歯周病にかかっている、もしくは予備軍であるといわれています。もしかすると、あなたも歯周病にかかっているかもしれません。気になる症状がある場場合は、大阪市城東区の緑橋駅すぐの歯医者「なかがわ歯科医院」にご相談ください。

あなたは歯周病ではありませんか?~歯周病チェックポイント~

次の項目にあてはまるものはありませんか?一度チェックしてみましょう。

  • ブラッシングすると血が出る
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 冷たい水がしみる
  • 歯が長くなったような気がする
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする
  • 歯を押すとグラつく
  • 口臭がきつくなった気がする
  • 膿がたまっている

これらの中で一つでも当てはまる項目がある場合、歯周病にかかっている可能性があります。できるだけ早く、当院にご相談ください。

「なかがわ歯科医院」の治療のポイント

歯周病治療は、一人ひとりの患者さんの進行段階に合った処置を行うことが大切です。当院の歯周病治療のポイントは次のとおりです。

ポイント1:はじめにくわしい検査を行います

歯周病の進行状況は、表面的な診察だけではわかりません。当院では、専用の器具で歯周ポケットの深さを測ったり、レントゲン撮影によって歯の密度を確認したりすることで、歯周病の進行度合いを判断します。

ポイント2:検査結果をもとに適した治療を選択します

歯周病治療の基本といえるのが、毎日の正しいブラッシングです。当院ではまずはじめにブラッシング指導を行い、一人ひとりに合った正しい方法を身につけていただきます。その後で、進行段階に合った治療を進めていきます。

歯周病の進行段階

進行段階 症状

【歯肉炎】

歯ぐきに炎症が起きて赤く腫れ、ブラッシングすると血が出ることがあります。

歯周ポケットの深さ:3mm程度

【軽度歯周炎】

歯周病菌によって顎の骨が溶かされはじめています。歯ぐきの腫れや出血に加え、冷たい水がしみたり、口臭が出始めたりする段階です。

歯周ポケットの深さ:4mm程度

【中等度歯周炎】

顎の骨は半分程度溶かされており、歯を指で押すとグラグラします。歯が浮くような感じがするほか、口臭も強くなります。

歯周ポケットの深さ:6mm程度

【重度歯周炎】

顎の骨は3分の2以上溶かされ、歯は大きくグラグラします。歯周ポケットからは膿が出て口臭もさらに強くなり、これを放置するといずれ歯が抜け落ちます。

歯周ポケットの深さ:8mm程度

「なかがわ歯科医院」の歯周病治療

当院では、歯周病の進行に合わせ次の順で治療法を選択しています。

ブラッシング指導
歯周病治療の基本となる、正しいブラッシング方法を身につけていただきます。毎日きちんとできているかの確認も含め、継続的に通院していただくこともあります。

スケーリング
毎日のブラッシングだけでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石を、スケーラーという器具を使って徹底的に除去します。

ルートプレーニング
スケーリングをしても残ってしまった、歯周ポケットの奥に入り込んだプラークや歯石を、キュレットという器具を使って取り除く処置。最後に歯根面をなめらかに磨き上げ、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
局所麻酔をしたうえで、歯周ポケットの奥深くのプラークや歯石、また膿や感染した歯周組織を取り除きます。

フラップ手術
局所麻酔をしたうえで、歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、歯根面を見えるようにして、歯根に付着したプラークや歯石、膿、感染した歯肉組織を取り除きます。

痛みのない光殺菌治療を行っています

当院では「歯周病治療」や「根管治療」に対して、体に優しい治療の1つとして、光殺菌治療を行っています。数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない”体に優しい治療法”として急速に普及しています。

光殺菌治療の特徴

  • 痛みはありません。
  • あらゆる細菌に効果を示します。
  • お薬(抗生物質)を使わないため耐性菌が発生しません。
  • 副作用はなく、繰り返して治療に利用できます。

※光過敏症の方には利用できません。

むし歯や歯周病から大切な歯を守るために予防歯科についてはこちら

このページの先頭へ

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作