歯が痛い
むし歯治療・根管治療

歯が痛い(むし歯治療・根管治療)
  • むし歯治療
  • 根管治療

むし歯治療について

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」などという症状がありながら、そのまま放置していませんか? 初期のむし歯には自覚症状がなく、症状に気づいたときには、すでにかなり進行している可能性もあります。大切な歯を守るためにも、定期的に検診を受けて早期発見に努めることが重要です。

「むし歯かな?」と思う症状があった場合はできるだけ早く、大阪市城東区の緑橋駅すぐの歯医者「なかがわ歯科医院」にご相談ください。

当院のむし歯治療

むし歯は一度治療したとしても、ケアを怠ることで再発・治療をくり返してしまう方も多い病気。歯を健康な状態に保ち、再発・治療をくり返す悪いサイクルに陥らないためにも、むし歯についてくわしくご紹介します。

むし歯になったら、早めの治療を

むし歯は風邪や腹痛などとは違い、「様子を見ていれば自然に治る」ということがない病気です。放置するとどんどん進行してそれに伴って痛みも増し、治療の難易度や通院回数、費用などの患者さんへの負担はどんどん増してしまいます。

むし歯の原因

むし歯の原因には、次の4つが挙げられます。

原因 01
むし歯菌

お口の中には、およそ3億もの細菌が棲みついているといわれています。その中の「むし歯菌」が、むし歯の直接的な原因となります。

原因 02
糖質

お口の中のむし歯菌が、食べ物に含まれる糖質を分解し、ネバネバしたプラーク(歯垢)を作って歯にこびりつきます。

原因 03
歯質

歯質の強さによってむし歯のなりやすさが変わります。遺伝や病気、歯ができる時期の栄養などが歯質に影響し、むし歯に強い歯になったり、弱い歯になったりします。

原因 04
時間の経過

歯にプラークが長時間接触していると、むし歯ができます。

むし歯は、これらの4つの原因が重なり合うことで発症するといわれています。

むし歯の進行
進行段階 症状・治療法

【CO ごく初期のむし歯】

歯の表面に、濁った部分や着色が見られる状態。まだむし歯の穴は確認できず、自覚症状もありません。適切なブラッシングやフッ素塗布で、治癒する可能性があります。

【C1 初期のむし歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶けて黒ずみが現れ、冷たいものがしみるようになります。むし歯の部分を削り、詰め物で補う治療を行います。

【C2 象牙質のむし歯】

エナメル質の内側の象牙質に達したむし歯です。神経に近くなり、ときどき痛んだり、冷たいものや甘いものでしみたりすることがあります。むし歯の部分を削り、詰め物・被せ物で補います。

【C3 神経に達したむし歯】

歯の内側の神経に達したむし歯です。何もしなくても激しい痛みがあります。むし歯菌に冒された神経や血管を取り除く根管(こんかん)治療を行い、被せ物で補います。

【C4 歯根に達したむし歯】

歯の大部分が溶けてしまい、歯根しか残っていない状態です。歯根に膿がたまり、歯根の先やまわりにまで炎症が広がって、痛みや発熱が現れることもあります。多くの場合は抜歯を行い、抜歯後はインプラント入れ歯などで、機能を回復します。
当院のむし歯治療の流れ

ごく初期のむし歯にかぎっては、適切なブラッシングによって自然に治ることもありますが、基本的にむし歯は治療しないかぎり進行しつづける病気。進行を止めるには、できるだけ早く治療を受けることが重要です。

むし歯治療の基本は、まずむし歯になっている部分を削って、詰め物や被せ物で補うというもの。歯を削る際に痛みが出そうな場合には、事前に麻酔を施しますのでご安心ください。また、詰め物・被せ物の素材には、装着する部位や患者さんのご希望などに合わせ、保険適用のレジンや銀歯のほか、自費診療のセラミックなどを選択します。

当院では、歯を削るときはもちろん、麻酔や詰め物などの選択についても、一つひとつの段階をていねいに説明しながら進めていきます。むし歯治療について不安なことがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。

根管治療とは

根管治療とは、むし歯が歯根のなかをとおる根管内の神経や血管にまで達してしまったときに行う治療のこと。根管の中から死んでしまった神経、血管を取り除いて消毒し、薬剤を詰めて最後に被せ物で補います。

歯根はとても細かく複雑な構造になっているため、正確な治療が必要であり、その後歯を残せるかは根管治療にかかっているといえます。当院では、根管治療にマイクロスコープ歯科用CTを用いて、精度の高い治療をご提供いたしますのでご安心ください。

高精度な根管治療を行うために

根管治療はとても繊細な治療。なかには根管内の処置が行き届かずにむし歯が再発し、再治療が必要となるケースもあります。当院では高精度な根管治療を実現し、再治療を行わないためにも、以下の設備を整えています。

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、患部を約25倍に拡大することができる歯科専用の顕微鏡のこと。従来、経験と勘を頼りに行われてきた根管治療を実際に目で確認しながら行えます。治療の精度が格段に高まりました。

歯科用CT

歯科用CTでは、平面画像では確認できない根管の長さや幅などを3D画像で把握することができます。詳細なデータが得られることで、確実な根管治療を実現します。

歯ぐきの腫れや出血は歯周病のサインかもしれません歯周病治療についてはこちら

このページの先頭へ

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作