歯を失った
入れ歯

歯を失った(入れ歯)

お口にぴったり合う入れ歯を作りましょう

生えそろっているときには気づかないのが、歯の大切さです。失ってはじめて歯がないことの不便さにショックを受ける方も少なくありません。また、お口の中は歯がすべてそろった状態で正しく機能するものであり、歯が1本でもないとスペースが空き、歯並びや噛み合わせが乱れてしまうこともあります。なかでも、もっとも大きな影響といえるのが、「食べ物が噛めない」こと。食事の楽しさも失われてしまいます。

健康で楽しい毎日を送るには、「噛める」お口であることがとても重要です。歯を失ったらできるだけ早く、自分に合った「噛める入れ歯」を作りましょう。入れ歯については、大阪市城東区、緑橋駅すぐの歯医者「なかがわ歯科医院」にご相談ください。

歯を失った際の体への影響

歯を失うことによる悪影響は、お口の中だけでなく全身にも及びます。お口への影響と体への影響については以下のとおりです。

歯は全身の健康のカギ

お口への影響

歯を失うと、できたスペースに隣の歯が倒れ込んだり、噛み合う歯が伸びてきたりして、歯並びや噛み合わせが乱れてしまうことがあります。また、噛む刺激が伝わらなくなり、顎の骨がやせてしまいます。

体への影響

噛み合わせが悪くなって顎のバランスが崩れ、全身のバランスにも悪影響が及びます。肩こりや頭痛のほかにも、発音に支障をきたしたり、顔つきのゆがみが出たりすることがあります。

歯の役割とは?

歯を失うことでお口や全身に悪影響を及ぼします。では、歯が担っている役割とは一体どのようなものなのでしょうか。

  • 食べ物をしっかり噛みくだき、栄養を吸収しやすくする
  • 正しく発音するのを助ける
  • 噛む刺激によって、顎の発達、脳への刺激を促す
  • 自然な口元を演出する   など

歯にはこのようにたくさんの重要な役割があります。これらの役割が担えなくなると、体だけでなく心にも負担がかかってしまいます。歯を失ったら放置せず、できるだけ早く機能を回復させましょう。

合う入れ歯を選ぶために

「ずれる」「痛い」「噛めない」「口を開けた時にバネが見える」など、入れ歯にマイナスイメージをお持ちではありませんか? それは入れ歯がいけないのではなく、「合わない入れ歯」を装着していることが実は問題なのです。自身に合う入れ歯を選ぶためには、次のポイントをおさえましょう。

見た目が美しくよく噛める入れ歯とは?

  • 噛み合わせがしっかりあっていること
  • グラついたりもたついたりしないこと
  • 見た目が美しくバランスがいいこと
  • 装着感がよく長時間使えること

当院では、顎と噛み合わせの状態をとくに重視して安定した「見た目が美しくよく噛める入れ歯」をご提供しています。患者さんのご要望をしっかり伺って一人ひとりのお口にしっかり合った種類を選び、ご提案しますので、入れ歯に関してお悩みの際はご相談ください。

総入れ歯と部分入れ歯

総入れ歯

歯がまったくない場合に用いる入れ歯。上下がひと続きになっています。

部分入れ歯

何本かの歯を失った場合の入れ歯。残っている歯にバネをかけるなどして、固定させます。

取り扱い入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯につきもののバネをなくしたもの。金属のバネがなく、やわらかいシリコン製の歯ぐき部分で固定させるため、見た目が自然でフィット感にも優れているのがメリットです。

見た目もよくもっとしっかり噛みたい方へ
~インプラントオーバーデンチャーのご紹介~

当院では「歯周病治療」や「根管治療」に対して、体に優しい治療の1つとして、光殺菌治療を行っています。数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない”体に優しい治療法”として急速に普及しています。

症例のご紹介

治療の流れ

インプラントを4本埋入し、アバットメントを装着。治療当日に総入れ歯を作成し固定します。3~4ヶ月後に金属床を作成し完成です。

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯を削る必要はありますが、バネを使用しないため見た目も自然な、はめ込み式の入れ歯です。取り外しも可能でしっかり噛むことができます。

もっと自然な噛み心地や見た目を取り戻したいならインプラントについてはこちら

このページの先頭へ

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作