子どもの歯のケアをしたい
小児歯科

子どもの歯のケアをしたい(小児歯科)

お子さんの大切な歯を守ってあげましょう

多くの親御さんが、むし歯治療の経験をお持ちのことでしょう。だからこそお子さんには、できるだけむし歯で嫌な思いをさせたくないと考えているのではないでしょうか。

しかし、お子さんのお口の健康を守るには、ご自宅でのブラッシングだけでは足りないといえます。健康で何も問題がないころから歯科医院に通い、定期的なチェックや適切な予防処置を受けることが重要になるのです。

大阪市城東区、緑橋駅すぐの歯医者「なかがわ歯科医院」では、お子さんのむし歯予防をはじめ、乱れた歯並び・噛み合わせに対する矯正治療にも対応しています。親御さんと当院の協力によって、大切なお子さんの歯を守ってあげましょう。

まずは歯医者に慣れてから

慣れない歯医者の雰囲気にお子さんが緊張してしまうのは当然のことです。そこで当院では、まずお子さんに医院の雰囲気に慣れていただくことからはじめています。もし、無理やり治療を行ったことで、お子さんが歯医者嫌いになってしまえば、今後必要な治療も受けられなくなってしまうからです。

当院では、お子さんが歯医者嫌いにならないように、お子さんとじっくり信頼関係を築き、優しくていねいな治療を心がけます。どうぞ安心して当院までお子さんをお連れください。

小児歯科予防メニュー

当院では、お子さんのむし歯予防のために、次のメニューをご用意しています。

ブラッシング指導

歯の大きさや本数、生え方など、お子さんのお口の状態は、一人ひとりの成長によってまったく異なるものです。そこで当院では自分に合った正しいブラッシング方法を指導します。親御さんには、しあげ磨きのコツをお教えします。

フッ素塗布

歯質を強くする効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布し、むし歯に強い歯にする処置です。定期的に行うことで、予防効果が高まります。

シーラント

複雑で深い溝があるため、むし歯になりやすいのが奥歯。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)で溝を埋めてしまい、むし歯を予防する処置がシーラントです。

子どもの矯正について

子どもの矯正治療は、一人ひとりの成長段階に合わせて行います。

歯が生えはじめるころ
生後6ヶ月~2歳半まで
お子さんがまだ小さく、治療を行うのは難しい時期ですが、歯の生え方で気になることがありましたら、一度ご相談ください。
乳歯列期
3歳~6歳
乳歯がすべて生え、永久歯に生え替わる前の時期です。この時期になれば行える治療もありますので、ご心配な点がありましたらご相談ください。また指しゃぶりやうつぶせ寝など、歯並びに悪影響を与えるクセがある場合には、早めに直してあげましょう。
小学生以降
7歳~
乳歯から永久歯へ生え替わる時期です。多くのお子さんが、この時期に矯正治療をはじめます。開始時期や治療法は、一人ひとりのお口の状態によって異なりますので、心配な点がある場合には一度ご相談いただければと思います。「治療が必要か」「いつからはじめたらいいか」といった目安をお教えします。

親知らずは早めに抜きましょう

永久歯が生えそろった後、奥歯のさらに奥に生えてくる親知らず。前歯の中心から数えて、8番目となる歯です。

親知らずは、かつては通常の奥歯として使われていました。しかし、顎が小さくなった現代人には生えるスペースがなく、横を向いたり斜めになったりして生えてくるケースがあります。その結果、食べカスが詰まりやすくむし歯になったり、手前の歯を押し出すことによって歯並びを乱したりするなどといったトラブルを引き起こすのです。

なかには正しい向きで生え、奥歯として問題なく機能する親知らずもありますが、これはまれなケースといえます。トラブルが起きている、もしくは起こる可能性が高いという場合には、できるだけ早く抜歯することをおすすめします。

矯正治療は大人になってからでも受けられます矯正歯科についてはこちら

このページの先頭へ

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作